おすすめオナホール

大人気のおすすめオナホール!

1位
2位
3位

オナホの選び方

オナホールを選ぶポイントは?

  • 中の形状
  • お手入れ
  • 質感
  • タイプ
  • 見た目
  • 価格

ポイントは6つあげましたが、あくまでも選ぶポイント!

どれが一番気持ち良いか?は、まぁ実際にチンコを入れて使ってみないと、やっぱり個人差は多少出てきます。

でも、ほとんどオナホを使ったことが無いという男性、オナホ未経験の男性なら、まずは人気のオナホから選んで使ってみるのが良いでしょう。

または、NLSなら人気のオナホをまとめて購入できちゃうプランもあるので、ここから選んでみるのもよいでしょう。

中の形状

オナホは中の形状で、気持ち良さも変わってきます。

マンコの中に近いものから、マンコでは味わえない形状のものまで。

同じオナニーの気持ち良さでも、亀頭サオの部分に伝わる快感が違ってくるのです!

上の画像は、「まだ名前がありません」の内部形状です。

マンコに入れた感覚に近い形状を持ちながら、マンコより気持ち良い

人気のオナホメーカーのトイズハートと、

人気のオナホ通販店のNLSがコラボして開発した、

最高傑作です。

上の画像は、オナホでは有名な「TENGA」シリーズの1つで、「TENGA 3D」。

表に見える形状が、そのまま裏返して内部形状になる、斬新なスタイル。

色んな気持ち良さがあるので、数種類を日替わりで、その日の気分で使うことをお勧めしたい。

やっぱり1つだけだと飽きてきちゃうので。。

お手入れの方法

お手入れが面倒という人は使い捨てオナホールがおすすめ。

でも、使い捨てオナホは低価格のため、やっぱり素材が弱点

手コキするより、何かに入れてオナニーしたいという程度なら良いですね!

お手入れも苦にならないという人は、丸洗いできるオナホールがおすすめ。

何度も洗って使えるオナホールは、素材もシリコンなど、人肌に近いものまであるので、気持ち良さが違います。

お手入れの方法も、オナホ専用の洗浄剤もあるので安心!

いつも清潔にオナニーしたいって人にはおすすめ。

短時間で手洗いでも、30分くらいの浸け置きで洗うこともできる優れた洗浄剤です!

素材の質感

オナホールは素材の質感でも、気持ち良さが変わってきます。

内部がスポンジのものから、ゴム製シリコン製など様々。

やっぱりシリコン製が一番人肌に近いから気持ちいいですね。

タイプ

オナホのタイプについては、使い捨てか洗って何度も使えるか、内部形状もあります。

その他にも、オナホールのタイプは、

  • 手コキ型
  • フェラチオ型
  • 据え置き型
  • 電動型
  • 大型、小型
  • バキュームタイプ
  • 貫通型

などなど、かなり種類が多いのです!

あので選ぶのが大変。

目移りしちゃいますね。。

手コキ型やフェラチオ型は、基本は手で握って自分で動かすハンドタイプです。

手を机の上などに固定すれば、据え置きのようになり、腰を動かしてセックス気分でも使えます。

人気1位の「まだ名前がありません」もハンドタイプになります。

据え置きタイプは、

や、

など、正常位バックセックスをしている感じで腰を振ってオナニーするタイプ。

電動タイプのオナホは、チンコを入れてスイッチを入れれば、電動でピストンしたり、電動の振動で気持ち良くしてくれるタイプ。

オナホ固定具を使えば、AV動画を見ながらでも、エロ漫画を読みながらでも、手放しでオナニーができちゃいます!

見た目

オナホの見た目も、興奮の材料になり、オナニーの気持ち良さにも影響します。

ただの筒に入れているより、リアルでマンコそっくりなオナホールに入れていると、興奮してギンギンに勃起力が上がっちゃいます。

グロマンコ好きなら、「欲情ギミック」みたいなタイプとか。

価格

オナホの価格も気になるとことだと思いますが、1,000円高いだけで気持ち良くなるなら、高い方を購入しちゃいますね。

安い方を買ってから、「あっちにすれば良かった~」なんて後悔することもあります。

なので選ぶポイントとしては、値段はひとまず気にせず、という選び方でいきます!

気になったオナホを何個かピックアップして、それから価格で選びましょう。

考え方によっては、10,000円のオナホを購入しても、365日毎日使えば、1日27円ちょっとって計算にもなるんです。

こう考えると安い気がしませんか?

ぷにあなSPDX」は税込18,144円と高級オナホの部類に入るけど、1日50円くらいなんですよね。

風俗を1回我慢すれば購入できちゃうくらいの値段で、毎日するオナニーがより気持ち良くなっちゃうなら、安い買い物です。